熱中症,症状

分類分けからみた熱中症を知ろう!

熱中症の主症状とされるものは4つあり、4症状は軽症度/中症度/重症度というように分類分けすることが出来ます。

軽度の熱中症(熱けいれん・熱失神)

軽度の熱中症では、顔面高潮・呼吸数が増える・口渇・頻脈・目眩・発熱などが見られ、四肢や腹筋に熱けいれんという強直性のけいれんが起こったり、熱失神という意識消失が起こることがあります。

失神(数秒くらい)を伴う熱中症

失神はスポーツをした後に起こると多く言われており、運動中に活発に活動していた筋肉が全身へ血液を巡らすポンプの役割を担っていて、それをいきなり止めたことや高温下の環境に居たり、直射日光を長時間浴びることによって血管が広がり、全身へ送る血液が減り、数秒の意識消失を起こすとされています。

けいれんが見られる熱中症

大量の汗を流している状態で、水の補給を行っていてもナトリウムなどの体に必要とされる電解質の補給が行えていないとき、四肢や腹筋などに痛みがみられる部分的なけいれんが起こったりします。

中度の熱中症(熱疲労)

多量の汗が流れ、体の中に水分か塩分の片方、または両方が失われると、脱水症状として目眩・疲労感・虚脱感・倦怠感・頭痛・失神などの症状が複数合わさって発症します。汗を流し過ぎたことによるショック症状、皮膚が蒼白くなり、血圧の低下が見られることがあります。
また脱水症状により、末梢の血液循環が滞り、強い脱力症状が現れます。

重度の熱中症とされる熱射病の一歩手前の症状なので、きちんとした対処を行わなくては重症化してしまう危険性があるので、病院にて治療を受けましょう。

重度の熱中症(熱射病)

水の補給は行えているが、塩分不足から軽度の熱中症時に起こる熱けいれんと同じ筋肉のけいれんが見られます。まだ汗をかく機能が働いていれば皮膚は湿り、体の温度は40度を超しません。
強い倦怠感などがあり、意識障害があります。

症状が進行すればショック症状・全身けいれん・意識障害・昏睡・過換気障害(過呼吸:精神的ストレスなどによって、呼吸が過剰になること)・錯乱が発症します。
体温調節のコントロールが利かなくなり、40度を超えると体内の細胞に障害をきたし、42度では細胞は数分で再生が行えない状態となります。
また、細胞の再生が行われなくなる状態まで行くと、生命の危機に直結してくるため、一刻を争います。

この4つに分類分けされた症状は、どれも日光などの太陽熱による高温度の環境下において発症する高温障害です。
どれも死に至る危険性のある疾患なので、体調の変化を「気にしない」で済ませることをせずに早期に病院で診察・治療してもらいましょう。

  • 熱中症になりやすい人と場所 - 熱耐性は性別に差が!?
  • 熱中症を予防しよう - 熱中症を防ぐ5個の条件

  • 【熱中症の基礎知識】熱中症の原因・症状・治療法をご紹介
  • 【予防と対策】熱中症の予防法・対策法/なり易い人と応急処置・対策を知る
  • 【熱中症の分類分け】日射病・熱失神・熱射病・熱疲労・熱けいれんをご紹介
  • 【熱中症コラム】熱中症の労災・ペット・塩・地球温暖化・水分補給に関する情報
関連リンク