熱中症,対処,小児

熱中症に罹りやすいワケ〜対処法を知る

幼い乳幼児などは、まだ言語が発達していないため意思の疎通が出来ず、自分で体調の異変に気づくのはとても難しいことです。
小児においても、体調の異変は気づきにくいものと思われます。

子供は体温を調節する機能が成長しておらず、成人と比較すると新陳代謝が盛んで、体内での熱の産生が著しく、体温を上昇させやすいのですが、上昇させた体温を低下させることが難しいため、熱中症に罹りやすいのです。
成人と違い、汗を排泄する汗腺が小さく、排泄量も少量なので気化熱により放散する熱も少なくなっていますが、子供は皮膚から熱放散を行いやすいようになっています。

汗の排泄量が少ないのですが、子供は深部体温の調整は上手に行えています。

深部体温とは、心臓を中心とした体幹(胴体)の体温ことです。人間の体温は、皮膚体温と深部体温(37度程度)に分かれていて、皮膚体温や四肢の体温は深部体温よりも低いと言われています。
寒い環境などで体温が下がり始めると、体は自然と深部体温を維持するために体を震わせて熱を生み出そうとします。
深部には心臓や脳など、人間にとって重要な臓器が納まっているため、体温を維持しようとするのです。

しかし、皮膚体温よりも外気の温度が高まると体外の熱を吸収しやすくなり、深部体温の上昇が見られます。
そのため、衣類の調整は細かく行わないと熱中症を発症する可能性が高まるので注意しましょう。

小児の熱中症〜症状・応急処置

熱中症は症状により重症度が異なり、四肢がけいれんを起こす熱けいれんや熱失神、脱水症状の見られる熱疲労、意識障害が起こる熱射病などがあります。

子供に見られる脱水症状は唇の乾燥、舌が湿潤していない、排泄する尿量が減少して濃い色を呈している、脱力している、顔色が良くないなどです。
どれか一つでも確認できた時点で水分補給が行えていれば、休憩して数分後には脱水症状が治まると思われますが、水分補給をせずにそのままにしておくと症状の悪化が見られます。
人体は過剰な水分消失は生命に影響しますので、病院での治療が必要になります。

もしお子さんに熱中症の症状かもと思われるものが現れた場合は、日陰などの涼しい所に移動し休憩させてください。
意識がある場合は、ナトリウムなどの電解質を含んだ飲料水で水分補給させてあげてください。
症状が治まらず、体温が高いままをキープしているなど、症状の改善が見られない時はすぐに病院へ受診しましょう。

またお茶や水のみでは、汗で失われた塩分などが補給できないので症状の改善が見られないかもしれません。
水分補給にはスポーツドリンクなどの体に必要とされる電解質が含まれている飲み物が良いでしょう。

  • 熱中症になりやすい人と場所 - 熱耐性は性別に差が!?
  • 熱中症を予防しよう - 熱中症を防ぐ5個の条件

  • 【熱中症の基礎知識】熱中症の原因・症状・治療法をご紹介
  • 【予防と対策】熱中症の予防法・対策法/なり易い人と応急処置・対策を知る
  • 【熱中症の分類分け】日射病・熱失神・熱射病・熱疲労・熱けいれんをご紹介
  • 【熱中症コラム】熱中症の労災・ペット・塩・地球温暖化・水分補給に関する情報