熱中症,対処,高齢者

免疫機能の衰えが熱中症にさせる!?

独居老人が増えている中、熱中症にかかる高齢者がとても多いです。
高齢者は室内で熱中症を起こしているのが殆どで、自分で体調の異変に気づき病院を受診するか、ご近所さんに気付いてもらい病院へ搬送されるケースがありますが、発見時にはもう倒れていたという場合も少なくありません。
熱中症で倒れる高齢者の多くが冷房機器のない室内で過ごしていたり、水分補給をしていなかった為にいつの間にか脱水症状を引き起こしていることが多いです。

高齢者が熱中症に適応できない理由は何故か?
それは年齢とともに体の温度を調節してくれる機能が低下しているからです。
高齢になると体の各機能が衰え、様々な疾患を引き起こします。体温を調節する機能の低下と熱中症には、一体どのような関係があるのでしょう?

高齢者は体内に存在する水分量が少ない

歳を重ねるごとに体内の水分量は減少しています。
人間の体内は、約6割が水分で出来ているということを聞いたことはありませんか?
この約6割というのは成人頃の数値で、高齢になるに連れて水分は減り、5割程度に減少します。そのため脱水症状を発症させやすく、回復にも時間を要します

脱水症状の口渇になりにくい

高齢者は、脳からの水分補給を訴える機能が低下するため、喉の渇きに対して鈍感になります。
口渇が現れても、他の持病が原因で現れたものだと思ったり、夜間に頻回にトイレに起きたり、尿漏れの心配から水分補給を抑える人がいるようです。
しかし水分補給を控えるのは熱中症になる原因をつくるだけでなく、血液の濃度を高め血栓を作りやすくする原因でもあるのです。

血栓は血が凝固し、血液の流れを堰き止め、脳卒中などの病気を発症させます。
二次疾患を引き起こさないためにも、周囲の人たちも水分補給を促してあげてください。

汗の排泄と皮膚に流れる血液量が増えにくい

運動後などは血管を通して皮膚に送り込まれる血液の量が減少し、高温多湿により体の熱を上手く放散することができなくなります。

暑さを感じる温度の体感機能の低下

皮膚に備わっている湿潤や外気の温度を感じる機能が低下しているため、室内の温度が上昇していることや、自分の体温が上がっているなどの暑さに気付きにくくなります。

汗の排泄量と皮膚内の血液量が減少する

成人の頃に比べると、汗を排泄する汗腺がしぼんで小さくなり、汗を排出するという役割が機能しないのと同じ状態になります。
そのため発汗が遅滞し、排泄量が少なくなります。

汗腺は、順に下肢から老化が始まり、背中や胸部などの体幹、上肢、頭部というように下から上へと進みます。
汗腺の老化・減少が進むことで、汗を排泄し体温の低下を促す働きが減退します。

高齢者に気をつけて欲しい熱中症

室内の温度が上昇していることなどが気付きにくくなった高齢者にとって、屋外だけでなく室内も危険な場所となります。
外の天気が良く、温度が上昇すると思ったら、窓を開け、風の通りを良くしましょう。また、冷房機器をフルに活用し、室内の温度調整を行ってください。

ウォーキングやパークゴルフ、スポーツ等を夫婦で趣味にしている高齢の方達が居ると思います。
運動を行うときは水分補給を必ず行ってください。
口渇が起こりにくいため、喉が渇くまでは水分を摂取しなくてもいいなどと思わずに、短時間ごとに水分を摂るようしにてください。

  • 熱中症になりやすい人と場所 - 熱耐性は性別に差が!?
  • 熱中症を予防しよう - 熱中症を防ぐ5個の条件

  • 【熱中症の基礎知識】熱中症の原因・症状・治療法をご紹介
  • 【予防と対策】熱中症の予防法・対策法/なり易い人と応急処置・対策を知る
  • 【熱中症の分類分け】日射病・熱失神・熱射病・熱疲労・熱けいれんをご紹介
  • 【熱中症コラム】熱中症の労災・ペット・塩・地球温暖化・水分補給に関する情報