熱中症,動物,ペット

気をつけて!ペットの体調、大丈夫?

人間と同じように、炎天下の中の長時間の散歩などから帰ったあと、何となく調子が悪そうというように、ペットの中には暑さに弱い種類もいます。
命にまで関わる重症度のものまであるので十分な注意を払いましょう。

高温多湿な暑熱環境は特に熱中症を引き起こしやすいでしょう。
外での散歩や運動で直射日光を浴び続けたり、密室に長時間いたりすると起こりやすいです。
また炎天下の中で激しい運動をした場合にも起こります。
熱中症の発症には動物的な問題もあり、犬で言えば寒い北国が原産とされるハスキー犬などが暑さに弱く、短頭種や大型犬も熱中症にかかりやすいとされ、猫はペルシャなどの短頭種、子猫や老猫、肥満の猫などが挙げられます。
しかし猫は南方に生息する動物なので、多少は暑さに順応できるようです。

肥満や心臓・呼吸器に病気を持っている動物などが熱中症にかかりやすいとも言われています。
また冬場にエアコンに当たりすぎていたために上手く毛が抜け変わらず、冬の毛がそのまま残っている犬などは熱中症になりやすいので、ブラッシングをして毛を梳かしてあげてください。

ペットに見られる熱中症の症状

初期症状では、浅く早い呼吸とダルさが見られ、症状が重症化すると40度以上まで体温が上昇し、浅く早い呼吸の継続と虚脱、意識混濁が起こります。
40度以上の体温が継続すると体内の臓器が損傷を受け、生命に危険をもたらすほどの影響があります。

動物の熱中症・応急処置

熱中症を疑う症状が現れたら、かかりつけの動物クリニックなどへ連絡し、病院までの間の応急処置や指示を仰ぎましょう。

浅速呼吸などの初期症状であれば、木陰などで水分補給と休憩を取らせることで回復するでしょう。
歩行にふらつきなどの異常や虚脱が見られる場合には、上昇する体温を早急に降下させてあげなければなりません。

ペットの体を水で湿らせて、扇風機やうちわを使い、風を送風しながら気化熱で体温を下げます。
また濡らしたタオルや氷嚢を動脈のある腋の下や股の内側、首に当てて血液を冷却します。
またぬるい水を張った桶やタライの中で入浴させるのも体温を下げる効果が見られますが、氷水などの冷た過ぎる水での入浴は却って熱の放散を防いでしまいます。
このような応急処置をしながら車の窓を開け、送風しながら動物病院へ行き、治療してもらいましょう。

犬と熱中症のお話〜罹患しやすい理由

犬は全身を厚い毛皮に覆われていて、体温も38度前後で外気の温度が高いとすぐに40度を超えてしまうくらいです。
また体温の調節が上手く行えないのも熱中症を引き起こす要因になっているようです。

犬には汗を出す汗腺の部位が限られていて、足の裏(肉球)にしかありません。
人間のように全身から汗を排泄し、気化熱で体温を下げるというようなことが出来ないのです。
そのため運動をして、体内で熱を産生しても放散することが出来ず、熱を溜め込んでしまいます。
しかし犬も暑いため、体温を下げようと舌を出し、パンディングという浅く早い開口呼吸を行い、水分である唾液を蒸発させ、蒸発で生じる気化熱で体の熱を放散しようとします。

体温調節を呼吸からなる気化熱に頼るため、人間よりも暑熱環境に弱く、十分な水分補給が出来ていなかったり、排泄を行えず我慢してしまうような状況では熱中所を引き起こしやすいでしょう。

  • 熱中症になりやすい人と場所 - 熱耐性は性別に差が!?
  • 熱中症を予防しよう - 熱中症を防ぐ5個の条件

  • 【熱中症の基礎知識】熱中症の原因・症状・治療法をご紹介
  • 【予防と対策】熱中症の予防法・対策法/なり易い人と応急処置・対策を知る
  • 【熱中症の分類分け】日射病・熱失神・熱射病・熱疲労・熱けいれんをご紹介
  • 【熱中症コラム】熱中症の労災・ペット・塩・地球温暖化・水分補給に関する情報