日焼け止め

確実に蓄積している紫外線のダメージ

春先になると紫外線対策の化粧品コマーシャルがひっきりなしに流れる。
そして、『今年も日焼け対策を万全にする!!』
と、思い実行するのですが、う〜〜〜〜ん、シミが気になるのは何故???

私の場合は美容が日焼け止めの一番の目的ですが欧米などでは幼少の頃からしっかりと日焼け止めを塗るなど、紫外線対策をする文化があるようです。
なぜなら、紫外線から体を守るメラニンが少ない白人は皮膚ガンの発生率が高く、大切な子供を皮膚ガンから守るためなのです。

数十年前の小学生時代、夏休み明けの"日焼け大会"なんて、現在では日本でももってのほか。
白人に比べ日本人はメラニンが多いのですが、食生活の欧米化により皮膚ガンの発生も増加傾向にあるということから紫外線対策の意識も強まっているのでしょう。

白内障も引き起こす紫外線の怖さ

紫外線ダメージはお肌だけに限りません。
最悪の場合は失明してしまう白内障を発症させることもあるのです。

紫外線を長年浴び続けることにより、水晶体のタンパク質が変化し、水晶体が白く濁ってしまうためです。

UVカット効果のあるサングラスを用いるなどの心掛けが必要ですね。

日焼け止め対策は正しい方法で

私のように効果を感じられない場合は、日焼け止め用の化粧品などの使い方を見直してみて下さい。
汗をかいても塗りなおさない、などいくら高価な品物でもこれでは効果が出なくて当たり前!! そんな使い方をしていませんか?

「日焼け止め」参考サイトの紹介

日焼けは皮膚に悪影響を及ぼすと知っていても小麦色の肌が好き。そんな人もいるはず。太陽の紫外線がダメならば日焼けサロンは? 等など、日焼けを防ぐ方法や日焼けについての知識を幅広く得られるサイトです。

日焼け止め
http://hiyakedome.jp/

”日焼け止め”に関する記事の紹介

季節に合わせた日焼け対策
http://hiyakedome.jp/d03kisetsutaisaku.html

季節問わず必要な日焼け対策ですが"夏だけ"の人も多いと思います。そんな誤解を解くためにシーズンごとの対策の方法をわかりやすく紹介するサイトです。

効果を高める日焼け止めの塗り方
http://hiyakedome.jp/e01hiyakedomenurikata.html

朝に塗ったら安心。とは言いきれません。汗をかいたら塗りなおすことも必要です。こちらのサイトでは正しい塗り方や顔はもちろんボディの日焼け止めの注意点など紹介しています。

赤ちゃんにも日焼け止めは必要?
http://hiyakedome.jp/e04hiyakedomebaby.html

子供は健康的に日焼けしたほうが良い、という考え方もあるかも知れませんが、ある国では子供に日焼け止めを塗り、帽子を被らせることが法律で定められている程です。 正しい知識を得て大切なお子様を守りましょう。

  • 熱中症になりやすい人と場所 - 熱耐性は性別に差が!?
  • 熱中症を予防しよう - 熱中症を防ぐ5個の条件

  • 【熱中症の基礎知識】熱中症の原因・症状・治療法をご紹介
  • 【予防と対策】熱中症の予防法・対策法/なり易い人と応急処置・対策を知る
  • 【熱中症の分類分け】日射病・熱失神・熱射病・熱疲労・熱けいれんをご紹介
  • 【熱中症コラム】熱中症の労災・ペット・塩・地球温暖化・水分補給に関する情報